外来のご案内

外来のご案内

ヘルニアセンター

(そけい・腹壁)ヘルニアセンターのご案内

  広島市立舟入市民病院では、子どもから大人まで年間300件近く、中・四国で最も多くの(そけい・腹壁)ヘルニアの手術を実施しています。
>>(そけい・腹壁)ヘルニアについてくわしくはこちらをご覧ください。

担当医師

  • 副院長(外科部長)  津村 裕昭 (成人)
  • 小児外科部長     山岡 裕明 (小児)  

治療の流れは・・・

 事前に当院のヘルニアセンターで受診していただき、血液検査等によりそれぞれの方の手術リスクを判定し、手術当日入院するか、前日入院するかを決定します。
 手術は平日実施します。小児では1泊2日、成人では1泊から4泊程度の入院です。

予約・お問い合わせは・・・

 平日 午前 8:30 ~ 午後 5:00に電話またはファクスでお申し込みください。
 広島市立舟入市民病院 医療支援室
 電話:082-232-6123  FAX:082-232-6125

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
5人中4人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要