地域医療連携

地域医療連携

骨密度検査

 お約束の時間の30分前に当院1階初診受付にご来院ください。職員がご案内します。
来院時には、かかりつけ医からの診療情報提供者(紹介状)と保険証を忘れずにご持参ください。
 この検査では、食事・服薬等の制限はありません。
ただし、1週間以内に、バリュウムを使用した消化管検査をした場合は、検査が出来ません。

骨密度検査とは

•当院では、DXA法(2重エネルギーX線吸収測定法)を用い、腰椎骨・大腿骨(股関節部)の骨量の測定を行います。検査時間は10分程度です。
•この検査の1番の目的は、骨粗鬆症による骨折予防です。

下記の場合は、必ず検査前にお知らせください

•大腿骨に人工関節を置換している方
•腰椎の手術された方
•妊娠やその疑いがある方

骨密度検査後

  1. 骨密度検査後は、会計を済まされてお帰りください。
  2. 後日、かかりつけの医療機関にて、検査結果の説明をお聞きください。

その他

ご質問等がございましたら、下記までお問い合わせください。
予約の変更や取り消される場合は、お早めにご連絡ください。

連絡先
広島市立舟入市民病院 医療支援室 TEL:082-232-6123 月~金 8:30~17:00

書類(ダウンロード)

書類名 説明 ダウンロード
骨密度検査のご案内 患者さん用  PDF(132kb)
紹介状(診療情報提供書) 当院規定様式でなくてもかまいません。  Excel(14Kb)

ダウンロードし、印刷してお使いください。

get_adobePDFと表示されているファイルを参照するには、Adobe Readerが必要です。
左のリンクからビューワーソフトを入手(無料)できます。

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
0人中0人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
放射線科検査のご案内
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要