よくあるご質問

よくあるご質問

激しい泣き方で血便 ~腸重積症~

2016年11月9日

質問

生後8ヵ月の日頃元気な男の子です。2~3日前から少し風気味でしたが、今朝から急に機嫌が悪く成り20分間隔くらいで火がついたように泣きます。ミルクを飲ませると直ぐに吐いてしまいました。先程うんこが出ましたが、下痢気味で赤い血のようなものがかなり混じっていました。

回答

腸重積症が考えられます。腸重積症とは口側の腸が肛門側の腸の中に望遠鏡の細い筒が太い筒の中に入り込む様に入っていく状態をいいます。原因は腸の内腔に突出した物(リンパ腺の腫れ、ポリープなど)ができ、腸の蠕動に伴って肛門側に引き込まれて行くためです。生後5ヵ月頃から2才頃までの元気な乳幼児に好発します。この時期の子供では、ほとんどはカゼやウイルス性腸炎に伴う腸管のリンパ腺の腫れが原因となっています。広島市立舟入市民病院小児科と小児外科では腸重積の子供を年間30人前後治療しています。この病気では前の質問にあるような特徴的な症状(1.周期的にお腹を痛がり泣く。2.吐く。3.イチゴゼリー状と言われる血便)を知っておくことが最も大切です。治療は早期(発症後24時間以内)に診断すれば腸のリンパ腺の腫れが原因のものではほとんど(90%以上)手術せずに、お尻から空気や造影剤などを高圧で注入する方法で治ります。治らなければ開腹手術が必要になります。この方法での治療成功率は施設により差があります。広島市立舟入市民病院では最近5年間に約150人の腸のリンパ腺の腫れが原因の腸重積症の子供を治療していますが、この治療が不成功で開腹手術を必要とした子供は2人だけです。

なお、腸重積症はときには大人にも起こることがありますが、この場合は小腸のポリープや大腸の癌などが原因となります。

(リビング広島2003年11月15日掲載)

外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要